--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 07. 05  
7月3,4日と日本乳癌学会に参加してきました。
第17回日本乳癌学会


今回は、僕と期待の若手研修医、秋本悦志先生、田中飛鳥先生、それと病棟看護師1名の計4名で参加しました。
田中先生は何と初めての東京(一応、アラサーですが・・・)ということでした。
僕と田中先生が発表をするのですが、2日目の発表なので1日目はわりとゆっくりと勉強できました。


学会1日目の最も興味のあるセッションは、パネルディスカッション「ホルモン環境の変化と内分泌療法」でした。
乳癌は閉経後と閉経前ではホルモン治療が異なるので、その境界の症例ではどのように対応するべきかというテーマです。
例えば、化学療法を行うと閉経前の人でも生理がなくなり一見、閉経したように見えます。その場合、閉経前として治療するか閉経後として治療するか難しいことがあります。
最近は化学療法をするケースが多いため、このようなケースには頻繁に遭遇します。


パネルディスカッションの先生方の間でも意見が一致しないところもあるくらいですから、統一した見解というものはないみたいですが、とても参考になりました。


ランチョンセミナーでは、2009年のザンクトガレンコンセンサス(乳がんに関する取り決め事項)に採用されたKi-67 labeling indexについての講義を聞きました。
当院では、7年前からいち早く取り入れている検査ですが、さらに詳しいことまで勉強できて理解が深まりました。


この学会には、広島県内の主だった病院の先生方は来ておられましたよ。
一日中勉強したので少々疲れました。


広島ブログ


スポンサーサイト
NEXT Entry
日本乳癌学会報告 その2
NEW Topics
ブログの引っ越し
タオル帽子完売!!
タオル帽子の贈り物
今週の予定
ウィッグマップ完成!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。