--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 10. 02  
バタバタと忙しい時期が来て、またブログが飛んでしまって申し訳ありません。
もう少ししっかり書きたいですが、このブログは就業時間が終了してから空いた時間に書いているので、とびとびになってしまいます。
いま日曜日の昼間ですが、病棟を回ってきた少し時間があるので書いてみます。


さて、沖縄脱出作戦ももうずいぶん昔に書いたようですが、そろそろ終わりにしなくてはいけませんね。


僕としては、次の日に確実に乗れる空席待ち券Sがもらえたのでそれで満足でしたが、家内はまだ満足できないようでした。
乗り込める便がキャンセルになってからは、僕は早く空席待ち券がもらえるようにしか考えていませんでしたが、家内は周りの人たちの反応をいろいろ見ていたようでした。
それらをまとめると、

・このあともう一便、福岡に飛ぶ可能性があると誰かが話をしていた
・旅行慣れした人たちは、どこかにさっと手続きに行っていたから、この便がだめでも次に乗り換えれる可能性があるかもしれない
・そうであれば手早く何とかすれば滑り込めるかも・・



そういう思考回路だったようです。
ほかの乗客はキャンセルになったことをグダグダと地上係員に文句を言ってる人が多かったので、まあそれが普通の反応なのでしょうね。
僕もそうしたかったのですがこのときはぐっと我慢して空席待ち券の列に並んでいました。
しかし、家内はもっと冷静に考えていたかと思うと・・・・
ぞっとします!

何はともあれダメ元で、地上係員の中でちょっとえらいような人に聞いてみました。
「空席待ち券Sを持っているのですが、福岡行きがあるのだったら乗れますか?」

すると、
「空席待ち券Sの方は、搭乗口に入ったところで手続きをしますから、すぐに中に入ってください。いま、手続き中ですからすぐに行くと乗れると思いますよ」とのことでした。

!!!

それから我が家5人はダッシュして、最後の力を振り絞って搭乗手続き、荷物預け、搭乗へとなったのでした。
空席待ち券Sをもらってから飛行機に入るまで30分もなかったと思いますし、僕たちがおそらくその便の最後の方の乗客でした。
飛行機に乗ると、家内が言ったように、さっきの飛行機に乗っていた手慣れた人たちが2,3名乗っていて、こちらをみて
「君たちも頑張ったんだね」
という感じで微笑んでいました。


その後は、午後11時前に飛行機が福岡空港に到着し、11時閉店のレンタカーで車を借り、綱渡りのように朝の4時に広島に戻ってきました。
途中は眠くて眠くてたまりませんでしたが、助手席の長男がずっと話しかけてくれ、何とか事故らずに帰って来れました。


この旅で得た教訓は、
「飛行機がキャンセルになった時はルールはない。うまく交渉することが大事」
「状況に応じた臨機応変な対応が大事」
ということと、
「女性はいざとなったら冷静で粘り強い」
ということでした。


8月のまちなかリボンサロン当日の僕の行動は、ざっとこのようなものでした。
もちろん、空港で待っている間も、
「サロンが始まったころだけど、うまくいっているかな」
といつも気にしていました。
結果的には、僕がいなくても全然問題なかったですけどね。


それと、10月のサロンが昨日開催されました。
私は研究会で参加できませんでしたが、参加した患者さんからの報告では、約70名の患者さんが参加されていたこと、新しい参加者が多かった、とのことでした。


今回は、中国労災病院 婦人科の槙野先生がゲストで、「乳がん治療における婦人科のサポート」ということで講演してくれました。
講演は当初2回の予定でしたが、大人気で3回もしてくれたそうです。
その後も、質問攻めだったそうです。


彼女、僕の医学部サッカー部の時のマネージャー(だいぶ年下ですが)でしたが、とてもさっぱりした性格ですが優しく頼れる女医さんです。


広島ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
メガネ購入!
NEW Topics
ブログの引っ越し
タオル帽子完売!!
タオル帽子の贈り物
今週の予定
ウィッグマップ完成!
Comment
いろいろ勉強させていただきました。
人生いろんな事と出会い
人は大きくなっていくんですね
我が家も夫は待とう!の人で
私の方がなんかないか探ってみよう・・・ですね。
優しい長男さんですね。
しかし、台風、レンタカー・・・・台風男。
三度目もあったんでしたっけ?
サロン、ウィッグ・・・お忙しい中ありがとうございます。
甘いもの食べて元気モリモリで!!
これからもよろしくお願いします。
お疲れ様でした~。
みんなが大変な時にあまりいい方法、ではありませんが、「申し訳ないのですが私は医師です。現場で急患を待たせているので・・・」と言えば大抵の場合、S席以上に優先されます。私の場合、国内でも国外でもこの方法でいつも事無きを得てます。急患というのは嘘でも病床で多数の患者が待っているのは事実なので。ちなみに高速道路でスピード違反した時も、「すいません。急患で急いでます」と言えばスピード違反くらい免れます。
あくまでも「本当に急いでいる」というのが原則ですが・・・・ね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。