--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 01. 22  
昨日は広島の乳腺外科医の集まりがあり、飲み会もありました。
40歳を過ぎると、あまり飲むと次の日がつらいですね。最近はセーブしています。
外科の先生は、やはり飲むと陽気に騒ぐ先生が多いですね。悪い意味ではないですよ。
賑やかということです。


続きです。
さて、自動販売機のところに呼び出された僕は(なんか、高校生の不良の呼び出しのようですが)、
「なんか悪いことしたかなあ?」

と心配でした。


外科の先輩は、「実はな・・・」といって話し始めたのですが、簡単に説明すると、
1.先輩が研究している生化学教室では、毎年外科から一人ずつ大学院生を派遣してもらことになっているが、僕たちの学年は誰もまだそこに行くことが決まっていない。
2.誰を派遣するかを決めるのは今年は先輩が責任を持ってやらなければいけなかった。
3.さっき外科の教授と廊下ですれ違った時に、「今年は誰を誘っているのか?」と聞かれたが、それをすっかり忘れていたため、とっさに「角舎を誘っています!!」と言ってしまった。

4.そういうことで、角舎は大学院の研究は生化学でやってくれ!よろしく頼む!

ということでした。


しかし、そんなことを急に言われても、乳腺グループのトップの先生とはもう他の研究室で研究するように決めていたので、困ったことになたなあ・・と相談したところ、
「それもいいんじゃないですか?」
と、あっさり!
こんなんで決めていいんかなあ、と思ったのですが、結局、大学院での研究は生化学教室でやることになったのでした。


決まった後に知ったことですが、その頃の生化学教室は、朝9時から夜の12時まで毎日ずっと研究をやっていて、ほとんど外に出られない、一日のほとんどを研究室内で過ごすというハードな研究室でした。
そういえば、夜の12時頃にそこの研究室の先輩が、医局あたりをフラフラ歩いているのを見かけて事があります。
「遅くまで頑張っておられますね」と話しかけると、
「帰れんのよ・・・」と答えておられたっけ・・・・


生化学教室は、当時は基礎棟の6階にあったので、
第6サティアン
と呼ばれていたのでした・・・知らなかった・・・


どうなることやら・・・と蒼ざめた・・・13年前のことでした・・


広島ブログ

スポンサーサイト
NEXT Entry
乳腺外科医の作り方~その5~
NEW Topics
ブログの引っ越し
タオル帽子完売!!
タオル帽子の贈り物
今週の予定
ウィッグマップ完成!
Comment
わあ、面白いですねぇ。連載小説読んでるみたいです。続き、楽しみにしてます(^O^)。
はじめまして
1年ちょっと前に先生に手術をしていただきました。現在はホルモン療法中で3ヶ月に1回通院しています。といってもたくさん患者さんがいるわけですから覚えてないですよね。。。偶然先生のブログを見つけました。先生の目指している医療・患者さんが直接医療側に気軽に話しができるような会 楽しみにしています。私たち患者も自分の病気についてもっと勉強しなくてはいけませんね。
また、おじゃまさせていただきます。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。