--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 05. 30  
中国新聞を購読していて、毎朝新聞を隅から隅まで読んでいる人は覚えているかもしれませんね、この記事。
5月25日の朝刊に載っていました。

譁ー閨枩convert_20100530114701

この記事の内容は、投書した人だけの意見なので詳細は分かりませんが、これに似たような感想を持たれる受診者の方は結構おられるのではないでしょうか?
乳がんの疑いが強い」と言われてこられた方には少ないのですが、検診希望や若い方には多いように思います。
これについては、さまざまな意見があると思います。
「病院に診察に来たのだから男性、女性の技師、医師を選ぶのはおかしい」
という意見や、
「男性は絶対イヤだから女性の担当する日に出直す、もしくは、担当を女性に代わってもらう」
という意見もあるでしょう。
これについてはここでは議論したくはないのですが、いずれにしても、
できれば同性である女性に
という方は、口に出しては言わないければ多いと思います。
同じ日に、男性医師・技師、女性医師・技師の外来ががあれば、やはり女性医師、技師の外来の方に多く受診しますよね。


ひと時代前であれば、
「それならよその病院に行ってくれ」
という医師もいたのでしょうが、これからは患者さんの要望にできるだけ応えて、患者さんに来院しやすい外来をつくらなければなりません。


ということで、県病院乳腺外科では、タイトルの
女性の女性による女性のための乳腺精密検査外来
を始めることにしました。
6月からは、月、木曜日に受診していただければ、担当医師(野間医師)、放射線技師、超音波検査技師すべてが女性になっています。
乳腺精密検査外来を担当している僕(火、金曜日)と秋本先生(水曜日)はやや肩身が狭いのですが、男性でもいいわとおっしゃられる方は、ぜひ指名してください。


いずれにしても、患者さんに来てもらいやすい病院、外来になれば僕たちとしてはうれしいです。


広島ブログ



スポンサーサイト
NEXT Entry
研修医事情
NEW Topics
ブログの引っ越し
タオル帽子完売!!
タオル帽子の贈り物
今週の予定
ウィッグマップ完成!
Comment
はじめまして
突然のコメント失礼します。先日乳腺炎になり 乳腺外科でお世話になった 広島在住の37歳女です。
以前から乳癌検診に行きたいとは思っていてもタイミングが合わず、一人目断乳後すぐに二人目を授かったのでいまだに行けてない状態です。
しかし先日乳腺炎という緊急事態に乳腺外科を受診しました。
スタッフのみなさんは優しかったのですが
超音波検査が終わったあと
『この後先生の診察があります。男の先生なんですけど』
と告げられたときは恐怖で固まってしまいました。
何歳になっても、上半身を初対面の男性の前でさらけ出し触られるのは本当に嫌です。
女医さんが居てくれたら…と今もモヤモヤした気持ちです。
担当の先生はテキパキしてて、いい先生だとは思いましたが 初めて乳癌検診や乳腺外科に行く女性は皆、似たような気持ちを持っているのではないかと思います。

乳癌検診に行かなきゃという気持ちはみんなあるんですが あと一歩が踏み出せないんですよね…

お医者様に対して失礼な感情だとは思うし、慣れれば平気になってくるのですが…

通りすがりの者の独り言でした。
読んで頂きありがとうございます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。