--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 04. 30  
乳腺外来に来られる方は、
(1)乳がんの患者さん
(2)乳がん検診で要精査となった方
に分けられます。
普通は、両者を乳腺外来で一緒に診ていますが、僕はこれに少し違和感があります。


検診で要精査になった人のほとんどは、精密検査で「異常なし」となります。
「異常ないですよ」とご説明すると、ほっとすると同時に喜んで帰られます。
それ自体はごく普通の反応ですからとがめられることではないんですが、同じ待合にいる乳がん患者さんはそういう人をどういう気持で見送っているんでしょうか。
自分と比較して複雑な思いなんじゃないんでしょうか?
それは僕の考えすぎかもしれませんが、できれば両者を別々に診察してあげれたらなあと前から思ってました。


今日、外科部長とたまたま話す機会があり、これはいいチャンスだと、「乳腺精密検査外来を作りたいんですが・・」、という話をしました。お返事が心配だったのですが、「それはいいね。すぐ院長に頼んでくる」とおっしゃられ、それからあっという間に「院長がOKしてくれたから、早速、案を作るように」と連絡をいただきました。その間、たったの2時間!!


とてもありがたい話です。
実際作るとなると診察場所や手伝ってくれる医師、看護師の確保などいろいろ問題はありますが、やりがいがありますね。
名前も考えなくては。「乳腺精密検査外来(仮称)」じゃあ固いですしね。


こうやって前にすすんでいる間は、忙しく働いていても楽しいです。


広島ブログ

スポンサーサイト
NEXT Entry
新しいお酒
NEW Topics
ブログの引っ越し
タオル帽子完売!!
タオル帽子の贈り物
今週の予定
ウィッグマップ完成!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。