--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 11. 07  
リンパ浮腫ということばをご存知ですか?
乳がんや婦人科がんの手術では、周りのリンパ節を取り除く(郭清と言います)ことにより、腕や足が腫れてくることがあります。これをリンパ浮腫といいます。


数年前までは、乳がんの手術では必ずと言っていいほど脇の下のリンパ節を取っていました。
乳がんのリンパ節転移はまず脇の下に起こるからなのですが、これにより手術した側の腕がリンパ浮腫を起こすのです。
リンパ浮腫は人により程度の差はありますが、まず必発です。
しかし、程度が軽ければあまり症状が出ないため、治療の対象と見なされていないことが多いのです。
もちろん、パンパンに腫れたり痛みがひどい人はすぐに治療を始めなければいけませんが、実は、リンパ浮腫の治療ができる施設は、広島ではほんのわずかです。


私が世話人として参加させていただいている「広島リンパ浮腫研究会」は、広島におけるリンパ浮腫治療の向上を目標に活動しています。
たかの橋中央病院医師 春田直樹先生、理学療法士(リンパ浮腫指導技能者) 稲本恵子さん、広島大学保健学科 片岡健先生を中心に、講習会や実技指導を定期的に開いていますが、11月16日にドイツから先生を招いて実技指導が行われます。


県病院でも参加希望者を募ったところ、看護師22名、医師3名、リハビリテーション科8名、と33名もの参加希望者がありました。
婦人科部長の内藤先生が参加されることもあり、婦人科看護師のみなさんがかなり参加してくれています。看護部長が各病棟に広報して参加を奨励してくださったのも大きかったです。


今回の参加をきっかけに、院内でもリンパ浮腫講習会を開き、乳がん、婦人科がんの術後にリンパ浮腫で悩む人を減らしたいです。


イルミネーションを点灯した我が家のクリスマスリースです。
結構きれいでしょう。
CIMG0412_convert_20091106185951.jpg



広島ブログ
スポンサーサイト
NEXT Entry
がんサロンの日
NEW Topics
ブログの引っ越し
タオル帽子完売!!
タオル帽子の贈り物
今週の予定
ウィッグマップ完成!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。