--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 01. 24  
今日は、広島大学病院でリンパ浮腫講演会が開かれました。
寒い中、講堂いっぱいになるくらい多くの方が参加されました。
80人くらいは来られたでしょうか。ほとんどは、乳がん、婦人科がんの患者さんでした。


まずはじめに、広島大学保健学科の片岡教授のあいさつがあり、その後、教育公演があり、患者さんの体験談、相談コーナーと盛りだくさんでした。
体験談の中でも語られていましたが、リンパ浮腫はあまり知られていなくて、診断や治療はずいぶん遅れています。
「がんを治療すればいい」
という考えが、医師、患者の両方にあるからなのでしょうか。


早期発見、早期治療が大事なのですが、手術をする病院でも、フォローアップの診察の時に、そこまでは観察できていないのでしょうね。
先生によっては、リンパ浮腫のことを知らない先生もいます。
乳腺外科医は、手術をしたらやりっぱなしというのではなく、ちゃんと質の高い医療、細やかなフォローアップをしなくてはいけません。
県病院では、リハビリ科と連携してリンパ浮腫の指導、治療を行っています。
これをさらに充実したものにしたいですね。


広島乳腺疾患研究会は、たかの橋中央病院 春田先生、広島大学 片岡先生を中心に活動しています。
今日は、乳腺外科医も、香川先生、中国労災病院 高橋先生、福山医療センター 三好先生、福山市民病院 池田先生、それと私が参加していました。
今日は、病棟の看護師さんも勉強に来てくれていました。
いそがしいのに、ありがとう。


また次回、さらに充実した講演会をできるよう、世話人一同がんばります!




もっと頑張れ!と励ましクリック、お願いします。
広島ブログ 
スポンサーサイト
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。