--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 10. 17  
今日は県病院講堂でのぞみの会の講演会が開かれました。
テーマは「乳がんの化学療法」で、特に再発乳がんの化学療法を中心に講演されました。
演者は、広島大学教授の楢原先生と当院臨床腫瘍科部長の土井先生でした。


新聞で広報があったためか、前回よりはるかに多い100名近くが来院されました。
化学療法についての話はわかりにくいことが多いのですが、両先生ともとてもわかりやすく話をされ、参加された方も熱心に聞いておられました。


のぞみの会会の浜中先生も「勉強して賢い患者にならなくてはいけません」と言っておられましたが、確かに、少し前までの「医者が言う通りに治療したらいい」という風潮から、最近は「医者と相談しながら決める」という感じになってきています。
医療する側も、「俺の言うとおり治療していれば間違いない」という医者はもうほとんどいないと思います。患者さんにしっかり勉強してもらって、また医師も十分な情報を患者さんに与えて、その結果、患者さんが納得する治療を行う、そういう流れで治療が決まっていると思います。


ピンクリボンフォーラムやのぞみの会の講演会のように、乳がんに関する正しい情報を発信する機会がもっとあればいいですね。


今日、講演会に参加してうれしかったことは、県病院のスタッフが多く参加してくれていたことです。
演者の土井先生はもちろんですが、乳腺外科の秋本先生、がん相談の看護師さん、病棟の看護師さんなども参加してくれていました。
県病院の乳がん治療の拡がりを実感できたようでうれしかったです。

CIMG0399_convert_20091017175240_20091017175524.jpg



広島ブログ
スポンサーサイト
プロフィール

nightbird

Author:nightbird
乳がんのことだけでなく、思い浮かんだことをつらつらと書いています。
更新は不定期ですが、暇な時に見に来てください。

広島ブログ
広島ブログ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。